社員証を自社で作る場合と、外注に頼む場合のメリット

社員証を自社で作る場合と、外注に頼む場合のメリット

このページでは、社員証を自社で作る場合のメリットと、外注で作る場合のメリットを比較しています。
どちらで作成することが御社に向いているのか、このページを見て判断いただければと思います。

Method 社員証の作成にはどんな方法があるのか

大きく分けて、自社でつくるか外注で作るかの2通りの作成方法があります。
さらに、どんな素材で作るかによって、細かく分けることができます。
主な社員証の作成方法は、下記のようなものがあります。

  • 自社

    自社でつくる

    • ラミネートで作成する
    • 既存の社員証にシールを貼る
    • 専用プリンタを購入して作成する
    • 社員証作成キット(専用プリンタなどのセット)を購入して作成する
    • プラスチックカード台紙にインクジェットプリンタで印刷する
  • 外注

    外注でつくる

    • プラスチックカード型社員証を作成する
    • ICカード、磁気カードの社員証を作成する
    • 電子マネー付き社員証を作成する
    • クレジットカード一体型社員証を作成する
    • ラミネートの社員証を外注で作成する

しっかりした社員証を作成したい場合や、デザインの作成ができない場合、作成に手間をかけたくない場合は、外注でプラスチックカードで社員証を作成するのが良いでしょう。
見た目は多少かっこ悪くてもいいので、とにかく安く抑えたい、という場合には、自社で作るのが良いでしょう。

(ただし、社員証のデザインも自分たちで作る必要があるので、手間がかかるのと、Illustratorなどの画像作成ソフトを使う必要があります。もちろん、パワポやexcelなどで作れないこともないですが。)
枚数が少ないならラミネーターで作り、枚数が100枚を超える場合はプラスチックカード台紙を買ってきて印刷するのが良いでしょう。

Merit 自社で作るメリット、外注で作るメリット

  • メリット

    自社でつくるメリット

    • 1枚あたりの価格が安くすむ
    • 早い
    • 個人情報の漏洩リスクがない
    • 追加発注時、いちいち外注先に依頼しなくてよくなる
  • メリット

    外注でつくるメリット

    • 品質が高い
    • 手間が少ない
    • デザイン作成もしてくれる
    • ICカードなどの社員証も作成できる
  • 比較表

    • 価格

    • スピード

    • セキュリティ

    • 追加作成

    • 品質

    • 手間

    • デザイン

    • 機能性
  • 自社

    • 安い
    • 早い
    • リスクなし
    • 簡単
    • 低い(安っぽい)
    • かかる
    • 作成要
    • なし
  • 外注

    • 自社で作るよりは高い
    • 2週間程度
    • 情報漏洩リスク有り
    • 都度依頼する必要あり
    • 高い
    • 少ない
    • 作成不要(作成してくれる)
    • ICカードや磁気カードなども可

Recomendation ニーズ別オススメの作成方法

  • しっかりしたプラスチック製社員証を作りたいなら外注
  • ICカード製の社員証を作るなら外注(ICカードに社員証のシールを貼るだけでよければ自社でも可)
  • 見た目にこだわらず、コストを極力抑えたいなら、自社でラミネート
  • 追加発行が多い場合は、カードプリンタを購入し自社で作成する

Cost 作成にはどれぐらいの費用がかかるのか

プラスチックカードの社員証を外注で作成する場合、外注先や枚数にもよりますが、1枚あたり400〜1,000円程度の費用を見ておくとよいでしょう。
自社(自分たち)で作成する場合、どのように作るかで値段はピンキリですが、紙に印刷したものをラミネートするだけであれば1枚あたり数十円、専用のキットを使う場合は1枚あたり150円〜の費用がかかります。